2017年6月16日金曜日

ハンターさんクリニック


 去る、5月22日、デュークエリントン楽団のトロンボーン奏者で、ソリストとしても活躍されているスタフォード・ハンターさんがクリニックをしてくださいました。今回で、3度目のクリニックとなります。
 ハンターさんの教えをシェアいたします。
 1)スタジオやホールに入ったら、日本人らしい謙虚さは捨て、ミュージシャンとして、楽曲を良いものにするために、遠慮なく意見を言い合える環境が必要。
 2)リードは、サイドが自分と同じように演奏しているかをチェックする。できていない場合は、遠慮なく指摘する。ハーモニー、タイミング、アーティキュレーションなど。
 3)サイドは常にリードをモニターし、リードに合わせる。
 4)ごまかして演奏しない。できないところは、ゆっくりから。完璧にできるようになって初めてテンポを上げること。
 5)ドラムが全体の指揮者。リズム、テンポのみならず、強弱を全て指示を出す。

 以上のことを繰り返し指導していただき、バンドの演奏がみるみる良くなることに感動しました。
 ハンターさん、ありがとうございました!

0 件のコメント: