2017年6月16日金曜日

ハンターさんクリニック


 去る、5月22日、デュークエリントン楽団のトロンボーン奏者で、ソリストとしても活躍されているスタフォード・ハンターさんがクリニックをしてくださいました。今回で、3度目のクリニックとなります。
 ハンターさんの教えをシェアいたします。
 1)スタジオやホールに入ったら、日本人らしい謙虚さは捨て、ミュージシャンとして、楽曲を良いものにするために、遠慮なく意見を言い合える環境が必要。
 2)リードは、サイドが自分と同じように演奏しているかをチェックする。できていない場合は、遠慮なく指摘する。ハーモニー、タイミング、アーティキュレーションなど。
 3)サイドは常にリードをモニターし、リードに合わせる。
 4)ごまかして演奏しない。できないところは、ゆっくりから。完璧にできるようになって初めてテンポを上げること。
 5)ドラムが全体の指揮者。リズム、テンポのみならず、強弱を全て指示を出す。

 以上のことを繰り返し指導していただき、バンドの演奏がみるみる良くなることに感動しました。
 ハンターさん、ありがとうございました!

2017年6月10日土曜日

アルビレックス応援

去る、5月20日、ビッグスワン、カナルステージでアルビレックスの応援演奏を行いました。
連敗中のアルビですが、敬和学園が応援した日の勝率は高いのです。
足掛け4年、負けなしが続いたこともありました。
さて、この日はどうだったでしょうか?
なんと、念願の今期2勝目を上げることができました。
4月に入部した一年生も、初の演奏を披露することができました。
炎天下、大勢のお客様が聴いて下さいました。
ありがとうございました!


2017年4月24日月曜日

近況報告

 1月7日、ステラジャム、グランプリのご褒美として、尚美ミュージックカレッジから、講師の先生方がお越しくださり、クリニックをしていただきました。トロンボーンは
坂本洽志先生、ピアノは藤本暁子先生、ベースは関谷友貴先生。素晴らしい先生方におしえていただき、大変勉強になりました。わたしは、ピアノのレッスンを拝見しましたが、Cmaj7の時に、Em7をおさえるなど、(Cmaj7のルートの音を省いて、9thを入れるという意味)目からウロコで、すごく為になり、今、教えていただいた基礎練習を部活動で実践しています。

2月28日は、三年生が久しぶりに登校し、お別れ会。恒例の記念写真をとりました。翌日、3月1日は卒業式。グランプリを受賞した学年が新しい世界にはばたきました。

 3月28日から、4月2日まで、トランペッターの外山昭彦さんにお越しいただき、春合宿を行いました。前半が、敬和学園大学ジャズクエスト、後半が高校、ジャズホーネッツの合宿です。5泊の合宿で、大学生も高校生もしごかれました!しかし、とても成長でき、ためになった5日間でした。ステラジャムでグランプリをいただけたのも、ひとえに、外山さんのおかげです!ありがとうございました。

 4月16日、学校の近くの、島見浜緑地、さくら祭りで演奏しました。今年から、40回生ジャズホーネッツ部長の村田茜が、母校、敬和学園の英語科で働くことになり、副顧問になりました。この日は、村田の指揮者デビュー!村田は高校卒業後、ニュージーランドの大学で、ジャズを勉強し、英語もジャズも堪能です。素晴らしい後継者が与えられ、わたくしも安心です。

 さて、4月、新入生(50回生)が入学し、ジャズホーネッツにも20名もの新入生が入部してくれました。今年も一年、感謝の心を忘れずに全力で演奏します。応援をよろしくお願いします!