2017年7月18日火曜日

私学フェア ジャズストリート


 7月16日、新潟日報メディアシップにて行われた私学フェアにて、演奏を行いました。新潟県の私立高校が一堂に会し、各校の特色をアピールしました。わたしたちジャズホーネッツは、敬和の代表として、精一杯、ジャズサウンドを響かせました。


 私学フェアでの演奏を終えると、音楽文化会館に移動。ジャズストリートで演奏しました。大勢のお客様からご声援をいただき、うれしかったです。
 1、2年生ジュニアバンドによる、It Don't Mean A Thing は、1年生のちひろが熱唱。おじさまがたから、「イェー!」の掛け声がかかり、本人も大満足。
 2、3年生のレギュラーバンドは今年秋の大会参加予定曲などを披露しました。
 ご来場の皆様、ありがとうございました!

 ここでご報告です。わたしたちJazz Hornetsは、新潟県の魅力ある私学づくり支援事業に採用され、250万円の助成金をいただくことになりました。老朽化した楽器の入れ替えや、遠征費、そして講師の先生方をお招きする費用として大切に使わせていただきます。感謝して、ご報告致します。

特別支援学校演奏


 7月12日、恒例の新潟市特別支援学校で演奏しました。
 今年も生徒の皆さんが演奏に合わせてダンスを踊ってくれました。
 ビッグバンドは、もともとダンスホールで演奏された音楽です。
 楽しそうに踊っているみなさんを見て、ビッグバンドジャズの原点を実感することができました。
 ビッグバンドジャズは、お客様が主人公。楽しんでいただくための音楽です。自由に、そしてのびのびと踊るみなさんを見て、たくさん元気をいただきました。

 音楽は、心と心の交流だということも、実感することができました。
 わたしたちの音楽がこんなに喜んでいただけるなんて、本当に幸せでした。
 ジャズを全く知らない新入部員の一年生も、「ああ、これがビッグバンドミュージックなんだ!」と分かってもらえたと思います。

2017年6月16日金曜日

ハンターさんクリニック


 去る、5月22日、デュークエリントン楽団のトロンボーン奏者で、ソリストとしても活躍されているスタフォード・ハンターさんがクリニックをしてくださいました。今回で、3度目のクリニックとなります。
 ハンターさんの教えをシェアいたします。
 1)スタジオやホールに入ったら、日本人らしい謙虚さは捨て、ミュージシャンとして、楽曲を良いものにするために、遠慮なく意見を言い合える環境が必要。
 2)リードは、サイドが自分と同じように演奏しているかをチェックする。できていない場合は、遠慮なく指摘する。ハーモニー、タイミング、アーティキュレーションなど。
 3)サイドは常にリードをモニターし、リードに合わせる。
 4)ごまかして演奏しない。できないところは、ゆっくりから。完璧にできるようになって初めてテンポを上げること。
 5)ドラムが全体の指揮者。リズム、テンポのみならず、強弱を全て指示を出す。

 以上のことを繰り返し指導していただき、バンドの演奏がみるみる良くなることに感動しました。
 ハンターさん、ありがとうございました!

2017年6月10日土曜日

アルビレックス応援

去る、5月20日、ビッグスワン、カナルステージでアルビレックスの応援演奏を行いました。
連敗中のアルビですが、敬和学園が応援した日の勝率は高いのです。
足掛け4年、負けなしが続いたこともありました。
さて、この日はどうだったでしょうか?
なんと、念願の今期2勝目を上げることができました。
4月に入部した一年生も、初の演奏を披露することができました。
炎天下、大勢のお客様が聴いて下さいました。
ありがとうございました!


2017年4月24日月曜日

近況報告

 1月7日、ステラジャム、グランプリのご褒美として、尚美ミュージックカレッジから、講師の先生方がお越しくださり、クリニックをしていただきました。トロンボーンは
坂本洽志先生、ピアノは藤本暁子先生、ベースは関谷友貴先生。素晴らしい先生方におしえていただき、大変勉強になりました。わたしは、ピアノのレッスンを拝見しましたが、Cmaj7の時に、Em7をおさえるなど、(Cmaj7のルートの音を省いて、9thを入れるという意味)目からウロコで、すごく為になり、今、教えていただいた基礎練習を部活動で実践しています。

2月28日は、三年生が久しぶりに登校し、お別れ会。恒例の記念写真をとりました。翌日、3月1日は卒業式。グランプリを受賞した学年が新しい世界にはばたきました。

 3月28日から、4月2日まで、トランペッターの外山昭彦さんにお越しいただき、春合宿を行いました。前半が、敬和学園大学ジャズクエスト、後半が高校、ジャズホーネッツの合宿です。5泊の合宿で、大学生も高校生もしごかれました!しかし、とても成長でき、ためになった5日間でした。ステラジャムでグランプリをいただけたのも、ひとえに、外山さんのおかげです!ありがとうございました。

 4月16日、学校の近くの、島見浜緑地、さくら祭りで演奏しました。今年から、40回生ジャズホーネッツ部長の村田茜が、母校、敬和学園の英語科で働くことになり、副顧問になりました。この日は、村田の指揮者デビュー!村田は高校卒業後、ニュージーランドの大学で、ジャズを勉強し、英語もジャズも堪能です。素晴らしい後継者が与えられ、わたくしも安心です。

 さて、4月、新入生(50回生)が入学し、ジャズホーネッツにも20名もの新入生が入部してくれました。今年も一年、感謝の心を忘れずに全力で演奏します。応援をよろしくお願いします!

2016年12月22日木曜日

NT21 「新潟一番」で Jazz Hornets が放映されます

 新潟ローカル局、NT21に、「新潟一番」という15秒のコマーシャルがあり、新潟で頑張っている人たちや団体を取り上げているのですが、このたび Jazz Hornets が出演することになりました。
 15秒のCMとして、1日に2回、2017年1月の1ヶ月間放映されるそうです。
 ステラジャムでグランプリを受賞したことを「自慢」いたします。(笑)


 写真は、収録の模様です。

2016年12月11日日曜日

市民エネルギーが切り拓く新潟の新しい社会 及び オープンスクールで演奏しました

去る11月4日、表題の会にて、演奏しました。
 先の定期演奏会で引退した3年生が再結集して、50分間の演奏を行いました。
 場所はりゅーとぴあホール。Jazz Hornets史上初めての本格的なコンサートホールでの演奏です。
 コンサートホールは素晴らしかったです。音楽専用のホールなので、わたしたちが目指しているアコースティックサウンド(ベース、ピアノ、ソロマイクなし)の魅力を最大限に生かすことができたと思います。
 ベースにアンプを入れることで、ピアノ、ドラムもアンプが入り、その結果、管楽器にも一人一本のマイクを入れ、もちろんソリストもマイクを使用する。そしてミキサーが音を調節して、巨大なスピーカーからその音を鳴らす。演奏者がサウンドバランスを調節できなくなった結果、モニタースピーカーが必要になる。それが今のビッグバンドの現状です。しかし、ビッグバンドは本来アコースティックサウンドだったのだと、ウイントン・マルサリスのリンカーン・センター・ジャズ・オーケストラが教えてくれた時から、わたしたちはアコースティックサウンドを目指しています。野外の演奏などでは、どうしてもベースアンプとソロマイクを使わなければならないこともありますが、憧れのコンサートホールでは、その必要は一切ありませんでした。
 千人のお客様(新潟県知事や市長も臨席)の前で、50分もの演奏を、コンサートホールで。鳴り止まぬ拍手に、アンコールの声。夢のようなステージでした。そしてそんな素敵な空間に、再び47回生バンドと立てたことに、本当に感謝しています。
 「マジック・アワー」という映画がありました。「奇跡の時間」。本当にそのような時間でした。わたしたち日常生活に追われる日々ですが、そのような、永遠に通じるような、奇跡の時間があってこそ、そこからエネルギーをもらい、再び日常生活に戻る勇気が与えられるのでしょう。少なくとも演奏者の私たちは、そのような至福の時間を与えられました。お客様も、そのような経験をして下さっていたらと願います。

 長くなりますが、続きがあります。
 3年生とそんな経験をして学校に戻り、部活の時間となりました。正直に告白すると、成熟した3年生と奇跡の時間を共有した後で、新バンドの練習するのは気が重いなあ、と思ったのです。3年生が抜けた後の新バンドは、毎年、一からやり直さなければなりません。ジャズの奏法も、アドリブも、音量も何もかも。
 ところがです。放課後の練習に出て、新バンドの合奏を聴くと、これが良いんですよ!何もかも旧バンドには劣りますが、素晴らしくフレッシュで、そして真摯なものが伝わる演奏をしてくれました。私は感動しました。3年生中心の練習の影で、この子達は一生懸命練習して、こんなに素敵な演奏ができるように成長していたんですね。
 この放課後の練習も、私にとって「マジック・アワー」のような至福のひと時となったのです。なんか、生きててよかったなー、としみじみ思いました。

 翌日11月5日は、敬和学園高等学校のオープンスクールで、参加した中学生の皆さんに演奏を聴いていただきました。
 この時も「マジック・アワー」でした。こんな奇跡のようなバンドと一緒に演奏できるのも本当にこれが最後。3年生たちも、引退後に訪れた2度の「奇跡の時間」が終わったあと、夢からさめたように「これで、本当に終わりなんだね」と言いながら家路につきました。その3年生が立ち去る姿を見送ってから、新バンドはまた練習を開始しました。